右肩上がりの相場に出会うために

こういう相場は買いで注文していたら理想的ですよね

これで利益は約3,000円ぐらいになります
(DMM FX 1口で….口座開設  )

ほんの一瞬の相場の上昇でです

 

こんな理想的な相場にどうやったら出会えるのでしょう

それは”待つこと”です

 

相場は常に変化しますよね、その都度売りや買いに変化していると損はどんどん積み上がっていきます。上のような理想的な儲けのスパイラルに入っても、今までの損の穴は埋めきれなくなっていたりします。

 

そうならないためにはこういう相場になるまで待つことです。相場は「絶対買いで上昇する」と思っても、教科書どうりのチャートの動きになったとしても、絶対はないので、チャートは上に行ったり下に行ったり、買いだったり、売りだったりします。

 

その度動揺して売ったり買ったりを繰り返していれば、総合的に負けです。

 

FXは最後に勝てばいいのです

その瞬間にばかり目を奪われないで自分を信じて見てください。そうやって待てばチャンスはやってきます

 

FXを最初に始めたのはジャパンネット銀行のFXでした

FXを始めたきっかけは、僕が利用しているジャパンネット銀行からきたメールで「気軽に始められるFXという投資」見たいな宣伝メールでした

それまでFXなんて何のことやらさっぱりわからない僕にもわかりやすくジャパンネット銀行のFXの解説ページに買いてありました。

それで何となく気軽に出来そうだと思い始めてしまったのです

実際始めたのは10,000円でした

10,000円だし、素人なので、ちびちび1000円くらいずつ投資して見ました、確かに大きな損害は出ないけれども、ほとんど儲かることはありませんでした。

これではFXで車買うなんて夢

やはり、原資は最低でも100,000円は必要です。ただこの金額でもジャパンネット銀行のFXでは、手数料が高くてなかなか利益に結びつきませんでした

そもそもチャートがとっても見難く、小さいのです。初心者なので「こんなもんかな」なんて思っていたら、口座を作るだけで20,000円もらえるDMMFXの広告を見かけました

「これなら今まで負けた分の補填ができる」と思い口座開設しました

DMMFXの高性能で使いやすいチャートに出会い、少しずつ利益をあげられるようになりました。また、手数料も安いので利益幅も他のFX会社よりも多くあげられる秘密だろうと思います

FXは5,000円から始められますが…….?

FXの入門書には「5,000円から始められる」といった情報がたくさんありますね。

本当にそうでしょうか?

実際にFXを始めてみると、5,000円なんかではとても無理です。5,000円でレバレッジを効かせて取り引きしたとしても、ちょっとマイナスに相場が動いてしまうと、あっという間にアラートのメールがきます

 

「5%を切りました4%を切ると自動的に損切りをします」みたいなメールがきます。(実際はモゥちょっと専門的な単語できます)

 

さて、5,000円で損益が1500円いやもっと出てしまった場合。大切な掛け金5,000円が吹っ飛ぶだけでなく損益が出た分追加で支払わなくてはなりません

これは「気楽に始められる」なんて言われてその気になって始めてしまった場合の最悪でもない、普通にあるリスクです

FXをやっていると、本当にあっと言う間に相場は変化していきます。利益確定をする場合にも瞬間的に価格が動くので、ほとんど反射神経の勝負って感じになります

それでは利益確定をしたくても一瞬でプラスとマイナスを往き来している場合なんかには、プラスで確定したはずがマイナスになっていたなんてこともあります

これを防ぐにはDMM.com証券のチャートがすごいです

利益確定売りをした場合

ボタンをクリックした瞬間の金額をポーズして表示してくれます。この機能があるので安心して利益確定売りができるのです

FXでワニみたいな線が出たら

この線ワニが口を開いているみたいに見えませんか?

この画像だとワニさんはすでに口を閉じています

口を開いている状態のときは上昇トレンドなので、強気で買いましょう

お口が閉じてきた、または売りの青いローソク足が登場してきたら利益確定売りをして利益を確保しておきましょう

ちなみにこのチャート見やすくて気に入っています

チャートはDMM.com証券

FXってなに?

FXとはForeign Exchangeの略称です。正式な名称で言うと外国為替証拠金取引と言います。

簡単な話が外国のお金の両替をして、その差額で利益を得るお仕事がFXです。

FXというと複数のモニターを前に一日中パソコンとにらめっこという印象を持っている方も多いと思いますが、現在のFXはスマホでも注文から決済までできてしまいます、でも本格的にFXをやるならパソコンを使いましょう。

なぜなら、やはりFXで通貨を売買するための判断をするために複数のチャートを見比べたりしたくなるからです。特にロウソク足のリアルタイムデーターを見たいときは、スマホの小さな画面では限界があります

*FXの取り引きはパソコンを使おう

 

株は複数の投資先を常にモニターしていないとですけれど、FXは為替の値段が上がるか下がるかだけを、見ていればいいので、とてもシンプルな投資です。

 

グラフは株とほとんど同じですが、為替の価値は刻一刻と変化するものなので、グラフも1分の変化を見られるものから、5分、10分、30分、1時間、1日など細かいデーターを見ることができます

5分、10分などの短い時間の変化は、主にデイトレードと言って1日で取引を終わりにする人が使います

それ以上の時間をかけて取引する人は、長い時間のデーターを見て取引します。また、取引を翌日に繰越す場合スワップという利息がつきます。ですがこの利息の多くは「買い」の場合に付くことが多いです。「売り」で翌日に持ち越してしまう場合は「マイナス金利」になって損をしてしまう場合が多いです。

FXは生き物のように常に変動します
ちょっと目を話すと暴騰したり暴落したりなんていうのはしょっちゅうです。初めの頃僕は、常にチャートから目を離せませんでした。いつ値段が大きく動くかわからないからです。

でもこれをやっていると神経が消耗すると同時に、チャートのちょっとした変化に右往左往されてしまうということになっていました。

 

そうなると損が広がり、焦れば焦るほど損は膨らんで行きました。そんなある日僕なりのルールを決めました。基本はデイトレードですが、「上がる」または「下がる」という確証が自分の中で持てる場合は、持ち越しもOKとしました。

この場合は数日待つ場合も普通にあります。

 

僕が使っているFX会社

FX会社選びって重要です。何故かというと、それぞれ使えるツールが違うのと、使い方が違うのでそれぞれ使いやすい方を使ったほうがスムーズに取り引きができますね。それと複数のFX会社に口座を持っているとツールの使い心地だけでなく、サーバーのトラブルで取り引きができないというリスクをなくすことができます。

僕がメインで使っているFX会社は「DMM.com証券」です。理由は、チャートが多機能で使いやすいこと、多機能だけどシンプルに情報をまとめることなんかもできるところです。

上がDMM.com証券のFXの取り引き画面です

一番上には、ドルなど各国の表示があります。この中から自分が取り引きしたいお金を選ぶと、下にローソク足の表が現れます。ローソク足の右側には現在のレートがわかりやすく表示されています。ローソク足の表には色々な表がありますが、それは勉強してから使いましょう、でないと思わぬ勘違いから大きな損失を出してしまう可能性が大だからです

そのほかにもDMM.com証券には、入会すると2万円のボーナスがもらえるという特典があります。これは余剰資金としては大きいものになりますね。詳しくは『DMM.com証券』へ

 

では僕なりのチャートの読み方です
通常デイトレードでは、5分足と1分足を使いますが、それだけを使っていると全体像が見えないので、必ず1時間足と30分足も見ています。その狙いは、直近でいくら下がっても少し長期的に見ると少しずつ上がっているなんてことがあります。

このサインを活かせるかが僕にとってもトレードの生命線です。